検見川の浜

検見川の浜(約2,370m)

LOCATION
ロケーション

華やぎよりも、リラックス。

ライフスタイルを変えるなら、まずは環境から。暮らしを大切にする人に選んでほしい“Living”専門の街があります。暮らしやすさを追求した「検見川浜」は、日常に必要な機能が駅前に集約。のびやかでリラックスできる環境が整っています。

LIVING CITY

くすのき通り

くすのき通り(約350m/徒歩5分)

真砂中央公園

真砂中央公園(約370m/徒歩5分)

真砂中央公園

真砂中央公園(約370m/徒歩5分)

CAFÉ-CRAFTSMAN BASE

CAFÉ-CRAFTSMAN BASE(約600m/徒歩8分)

THE SURF OCEAN TERACE RESTAURANT

THE SURF OCEAN TERACE

RESTAURANT(約2,360m)

検見川の浜

検見川の浜(約2,370m)

検見川の浜

検見川の浜(約2,370m)

検見川の浜

検見川の浜(約2,370m)

くすのき通り
真砂中央公園
真砂中央公園
CAFÉ-CRAFTSMAN BASE
THE SURF OCEAN TERACE RESTAURANT
検見川の浜
検見川の浜
検見川の浜

たまのリゾート
よりも、
日常の自然。

海が日常のワンシーンになる、
緑豊かな住宅街。

総延長約4.3㎞、
日本一の長さを誇る人工海浜。

いなげの浜・検見川の浜・幕張の浜は総延長約4.3kmに及ぶ、日本初の人工海浜です。海水浴やウィンドサーフィン等の本格マリンスポーツ、「幕張ビーチ花火フェスタ」といった大型イベント、それぞれの浜で過ごせる時間が変わるのも特徴。アクティブに、時にただゆったりと海を眺めて過ごす。思い立った時に海で過ごせることの歓びをこの街は教えてくれます。

検見川の浜

検見川の浜(約2,370m)

遊具に芝生広場、
多彩な公園で
遊び方は無限大。

家の周りに当たり前に緑があるという贅沢。

検見川浜を歩くと大小様々な公園が、至る所に点在していることがわかります。街の中心にある「真砂中央公園」は大きな池や芝生広場に癒される大型の公園。物件のすぐそばには、子どもだけで気軽に遊べる遊具付きの公園もたくさんあります。ボール遊び、水遊び、おいかけっこ、ピクニック。多彩な時の過ごし方があることを、公園の豊富さからも感じることができます。

真砂中央公園

真砂中央公園(徒歩5分・約370m)

現地案内図

現地案内図

  • 凡例
  • 遊具が充実の公園
  • コートのある公園
  • 水辺のある公園
  • 木々や芝生の公園
真砂第2公園

真砂第2公園
(徒歩3分・約170m)

真砂第3公園

真砂第3公園
(徒歩8分・約620m)

THE CENTERCITY

“商”と“遊”、
両隣の機能を使いこなす
センターポジション。

鉄道を軸に開発された美浜区は、駅を中心とした3つのエリアからなる街で、各地区ごとに機能が異なるのが特徴です。
商・職の街として発展させた「海浜幕張」、遊の街「稲毛海岸」。
その中心に位置する「検見川浜」は、住の街として全ての都市機能を享受できる環境が整っています。

中でも検見川浜は・・•

誰にとっても
ストレスフリーな
街並み。

「歩車分離計画」を取り入れた、広く美しい歩道も特徴のひとつ。
フラットで見通しが良いため、ベビーカーからシニア世代まで快適に歩くことが可能です。

くすのき通り

くすのき通り(徒歩5分・約350m)

ふれあい橋

ふれあい橋(徒歩7分・約560m)

Column子育てにぴったりの安心な街。

パチンコ、ゲームセンター等の娯楽施設がない、
穏やかな住環境。

“住の街”として整備された検見川浜は、静かで穏やかな環境が広がります。その秘訣は、騒音の元となるような大型店舗や遊戯施設が街の中にないこと。隣接する「海浜幕張」、「稲毛海岸」と比較してもその差は歴然で、街並み一つとっても暮らす人々の心地良さが考えられていることが分かります。

※半径500m圏内

駅前の娯楽施設の数は…

  • Column幕張ビーチ花火フェスタ

    毎年30万人もの人々が来場する、国内最大級の規模の花火大会。会場は幕張海浜公園ですが、「検見川の浜」もゆっくり花火を見たい人におすすめの穴場スポットです。

    image photo

  • ColumnTHE SURF OCEAN TERRACE

    オーシャンビューが魅力的な複合施設「THE SURF OCEAN TERRACE」。ウェディングに使えるバンケットをはじめ、地産地消の食材を使ったレストラン、水着のまま入れるベーカリーショップなど海辺を一層楽しむための施設が整えられています。海水浴の後に、海を眺めながら一休みといった贅沢な過ごし方もできます。)

    THE SURF OCEAN TERRACE

    THE SURF OCEAN TERRACE
    (自転車で10分・約2,360m)

  • Columnビーチリゾートへ変わる「稲毛海浜公園」

    千葉市は約83万m²の広大な稲毛海浜公園を、「INAGE SUNSET BEtACtH PARK」をコンセプトにリニューアル。海へ延びるウッドデッキやグランピング施設の他、温浴施設、大人も楽しめるプール等を整備予定です。(2020年度中に順次オープン予定)

    ※出典:「千葉市のまちづくりの方向性〜まちが、こう変わります〜」2018年5月

    稲毛海浜公園

    稲毛海浜公園
    (自転車で10分・約2,190m)

Image illust

Image illust

Column海浜幕張エリア

Column幕張ビーチ花火フェスタ

毎年30万人もの人々が来場する、国内最大級の規模の花火大会。会場は幕張海浜公園ですが、「検見川の浜」もゆっくり花火を見たい人におすすめの穴場スポットです。

image photo

Column検見川浜エリア

ColumnTHE SURF OCEAN TERRACE

オーシャンビューが魅力的な複合施設「THE SURF OCEAN TERRACE」。ウェディングに使えるバンケットをはじめ、地産地消の食材を使ったレストラン、水着のまま入れるベーカリーショップなど海辺を一層楽しむための施設が整えられています。海水浴の後に、海を眺めながら一休みといった贅沢な過ごし方もできます。)

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE
(自転車で10分・約2,360m)

Column稲毛海岸エリア

Columnビーチリゾートへ変わる「稲毛海浜公園」

千葉市は約83万m²の広大な稲毛海浜公園を、「INAGE SUNSET BEtACtH PARK」をコンセプトにリニューアル。海へ延びるウッドデッキやグランピング施設の他、温浴施設、大人も楽しめるプール等を整備予定です。(2020年度中に順次オープン予定)

※出典:「千葉市のまちづくりの方向性〜まちが、こう変わります〜」2018年5月

稲毛海浜公園

稲毛海浜公園
(自転車で10分・約2,190m)

Column「海辺のグランドデザイン」をテーマに、海辺を活かした千葉市による街づくり。

千葉市では「海辺とまちが調和するアーバンビーチ」を目指し、3つの人工海浜と2つの海浜公園からなる海辺エリアを活かした官民連携の街づくりを行っています。先行的な取り組みとして、レストランや結婚式にも使えるホール、バンケットを備えた「THE SURF OCEAN TERRACE」が、2016年にオープン。今後も景観の形成や施設の整備などが続いていくようです。

※出典:「千葉市のまちづくりの方向性〜まちが、こう変わります〜」2018年5月

  • THE SURF OCEAN TERRACE
    (自転車で10分・約2,360m)

  • 花見川サイクリングロード
    (始点)
    (自転車で10分・約2,350m)

完成イメージ

さらに詳しい街情報はこちら!